体調に合わせた食べ物をとりいれる 体調に合わせた食べ物をとりいれる

薬膳と相性のいい
エッセンシャルオイルもプラスして
薬膳と相性のいい
エッセンシャルオイルもプラスして

風味を付けてもっと美味しく 風味を付けてもっと美味しく

五臓六腑の機能を高める食事を 五臓六腑の機能を
高める食事を

美容や健康に関するお悩みありませんか?

女性特有の不調

更年期や子宮トラブル、不妊症など解決方法がわからない。。

痩せたい

食欲が止まらず、体重が増えた。または、それほど食べていないのに、なかなか痩せない。

 

肌トラブル

ニキビやアトピーなど、お肌のトラブルから開放されてキレイになりたい。

老化

加齢に伴うシミやシワ、尿トラブルや認知機能の低下が気になる。

美しく健康的な身体に!

中国の歴史ある医学をもとにした食事法(薬膳)とエッセンシャルオイル(精油)を取り入れ、
最短で理想的な身体づくりをめざします。

無理なく痩せる

身体全体を整えることで、無理なく自然に痩せます。

美肌

体内ケアと、肌表面のケアで透明感のあるキメの整ったお肌に。

体調コントロール

あなたの身体に必要なものと必要ではない食材の見分けができ、体調や季節にあった養生ができる。

受講者の声

voice

人生で一番「やせたね!」と周りから言われました!

M.Tさま

持病に悩んだ経験のある方におすすめです

Y.Tさま

普通に食べているだけで、体の調子がどんどん良くなっていきました!

K.Aさま

お化粧するのが楽しくなりました

K.Sさま

選ばれる理由

reason

理由その1

Nutrition

中国の医学をもとにした薬膳で身体を整える方法は他の薬膳教室でも学べますが、当講座では、農薬などで痩せてしまった植物の栄養分を補っていく方法もお伝えしています。それにより、身体に摂り入れた大事な栄養を無駄なく全身に行き渡らせ、バランスの取れた元気な身体に導いていきます。

理由その2

skin

化粧品やボディクリームなど、体の表面から取り込まれる物質についても安心安全にこだわります。あなたのお肌や身体に必要なものを選び、美肌や痩せ体質に導きます。

理由その3

Detox

薬膳によるデトックスとアロマによるデトックス、両方を効果的に取り入れて、スッキリした体を作っていきます。身体に必要な栄養を取り入れるだけではなく、日々蓄積される身体への毒(化学物質やストレス、体質に合わない食べ物など)を穏やかに排出する方法を学べます。

ブログ

Blog

気になる体調を整えるためにおすすめの食べ物やレシピをご紹介しています。

よくある質問と回答

Q01漢方薬など特殊な食材を使うのでしょうか?

漢方薬など特殊な食材は使う必要がありません。スーパーに売っている身近な食材で薬膳を作ることができます。また、それらの食材の中にも生薬とよばれる食材があります。上手に活用してみてください。

Q02なぜ薬膳にアロマオイルを入れるのですか?

シノダ美食薬膳カレッジでは、高純度のアロマオイルを使用しており摂取が可能です。

また、天然無農薬のアロマオイルは、柑橘系やハーブ系などお料理の風味づけにとても良く、またすぐに傷むものでもなく大変長持ちします。

アロマオイルのそれぞれの効能については中国の医学の中でも同じことが言われており、上手に活用することで身体へしっかり作用すると考えているからです。

 

Q03薬膳にアロマオイルはどのくらい使用するのでしょうか?

作る分量によりますが、通常1〜2滴です。香りの強いアロマオイルは爪楊枝の先に少し付ける程度でもしっかり香ります。

Q04アロマオイルはどのようなものでもいいのでしょうか?

薬膳で使用するのは摂取可能な高純度のアロマオイルになります。シノダ美食薬膳カレッジでは、ドテラ社のアロマオイルをご紹介しておりますが、

ドテラ社ではすべての製品にCPTGという独自の品質基準を設け、原材料や品質の管理をしており、高品質な製品を安定して生産しています。

添加物、農薬、不純物が入っていないか、また、適切な量の有用成分が含まれているかといったことは、身体を気遣う上でとても大事なことです。

アロマオイルは多くのメーカーが取り扱っていますが、塗布や飲用できるものは多くはありません。できる限り、身体に安心安全の製品をお選びください。

ドテラ社の製品は下記のURLよりお買い求めいただけます。

http://doterra.myvoffice.com/kimehada

 

会員登録することで、通常価格よりもお安くお求めいただけます。

毎月定期的に50PV以上製品を購入すると、ポイントが発生し製品と交換することができます。

初回登録時限定のとってもお得な購入方法や、アロマオイルの活用法などセミナーについて詳しくは【お問い合わせページ】よりお問い合わせください。

PAGE TOP
MENU
お問合せ